メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

救いの童謡、歌い合う 阪神から東日本、熊本へ

神戸を拠点に歌い続ける深川和美さん=神戸市中央区で2017年12月29日、待鳥航志撮影

 阪神大震災後のがれきや焼け跡の残る街で、童謡を歌い続けた歌手がいる。神戸市中央区の深川和美さん(49)は、同市長田区の自宅で被災した。元々はフレンチジャズなどを歌っていたが「何もかもはぎ取られた時に元気をくれたのは、誰もが自然と一緒に歌える童謡だった」。現在は全国の被災地を巡り、観客参加のコンサートを開催。地域固有の消えゆく童謡を残す活動も続けている。

 京都市立芸大で声楽を専攻した深川さんはフランス歌曲を愛好し、1991年の卒業後に渡仏。歌を学び、帰…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文629文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 伏兵中村の歓喜 内に秘めた「主役交代」の誓い MGC

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです