メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今年こそ

/2 多様化はみんなの話だよ フェンシング元女子日本代表・杉山文野さん(36)

自らが主宰する「カラフルステーション」で思いを語る杉山文野さん=藤井太郎撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 --性的少数者(LGBTなど)である自身の半生を描いた著書でも、実際にお会いしても、杉山さんはいつも元気に各地を飛び回って楽しく過ごしている印象です。悩みや葛藤はありませんか。

 ◆あります。それでも、心と体の性の不一致に苦悩してきた経験から言うと、どんなに社会に否定されようが自分だけは自分の理解者でありたい。自分を受け入れられないことほど苦しいことはないからです。友達に優しい言葉をかけてあげるように、「お前も頑張っている」「そんな日もある」と自分に声をかけるぐらいの余裕、自分に対する愛情を持てるといいですね。

 隣の人を幸せにするには自分が幸せでないといけない。だから、自分のハッピーが社会のハッピーと比例して…

この記事は有料記事です。

残り1778文字(全文2102文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです