メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/159 第5章 5=高村薫 多田和博・挿画監修

 浅井忍は半年ぶりにコンサータ三十六ミリグラムとマイスリー十ミリグラムを服用して二十時間も眠りこけ、さらに何時間も眠気の泥に埋もれ続ける。おかげで、父親が自分のために昔の捜査責任者を相手に狂おしい怒声を発していることなど知らないし、想像することもない。

 十日ほど前、ふいに無人のジェットコースターがゴトリと動き出すようにして栂野真弓の名前が額の奥で点滅し始めたのは覚えている。思い立って多磨駅まで足を運び、相変わらず脳味噌(みそ)まで筋肉で出来ているような小野と相対して無駄な時間を過ごすうちに短距離毒拡散弾を浴びて五万ダメージ。そのあと警大まで行ったら合田刑事の置き手紙が転がり込んできてちょっとダメージ回復したが、そのあとが砂嵐といった感じ。

 それから、職探しができない焦りが頭のなかで極大化して、大宮駅前の精神科のクリニックへ駆け込んだのが…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文948文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです