メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

ワンダフル「がん探知犬」 人を助ける嗅覚、コミュニケーション能力

 盲導犬や介助犬、警察犬、災害救助犬など、いろいろな場面で私たちを助けてくれる犬たち。その優れた嗅覚を使って、人間のがんなどを調べる研究も進んでいる。今年は戌(いぬ)年。医療での活躍が期待される犬の最前線と、人との関わりを探った。【伊藤奈々恵】

 ●的中率99・7%

 「探せ!」。トレーナーのかけ声で、黒いラブラドルレトリバーが木箱に鼻を近づけてにおいを嗅ぎ始めた。がん探知犬のエスパー号(メス・9歳)だ。木箱には人の尿が入った小瓶が入っており、「がんのにおい」を感じたら木箱の横に座って知らせ、感じなければ通り過ぎるという。探知犬を育成する民間企業「セントシュガージャパン」(千葉県館山市)はエスパーらメスの5匹が、においによるがんの有無の判定に取り組む。

 においを嗅ぐ単純作業に見えるが、トレーナーの佐藤悠二さん(70)によると、正確な判定には集中力が必…

この記事は有料記事です。

残り1353文字(全文1731文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  4. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  5. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです