メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌冬季五輪

北朝鮮参加「大きな前進」 バッハ会長が歓迎

昨年2月の冬季アジア大会で銅メダルを獲得し、表彰式で笑顔を見せる北朝鮮ペア=山崎一輝撮影

 北朝鮮が来月9日に開幕する平昌冬季五輪への参加を表明したことを受け、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は「五輪精神にとって大きな前進」と歓迎した。北朝鮮の冬季五輪初出場は、1964年インスブルック大会。そこから2014年ソチ大会など6大会で不参加があったが、平昌大会は2大会ぶり9度目の出場となる。(社会面に「祭典を前に」)

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1020文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 核兵器禁止条約、批准国で順次発効 締約国会議はオーストリア開催へ 日本参加は?

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです