メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

期間中「休日の交通量に」 平日の15%減目指す 輸送会議

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は10日、都内で有識者を交えた「交通輸送技術検討会」を開き、大会期間中の首都圏の高速道と一般道の交通量について、平日から15%削減して休日並みを目指すことを確認した。物流企業や一般利用者らに抑制を呼びかけ、渋滞緩和に向けた交通需要マネジメント(TDM)を進めて…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. 宮古島市長選 新人・座喜味氏が現職破り初当選 「オール沖縄」勢力が擁立

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです