メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生き抜いて

阪神大震災23年/2 起業の姿、孫に見せ 介護越えて 竹内洋子さん

長女の小森園絵さん(中央)、孫の華帆ちゃん(右)に震災当時の写真を見せる竹内洋子さん=神戸市長田区で、久保玲撮影

竹内洋子さん(62)

 「行ってらっしゃい」。竹内洋子さん(62)=神戸市長田区=が公園に出掛ける長女・小森園絵さん(33)と孫の華帆ちゃん(2)をそっと見送った。あの日から23年、波瀾(はらん)万丈の人生だった。震災で義母を失い、直後に認知症になった義父をみとった。6年前には夫が倒れ、長年続いたうどん屋を閉店。リハビリに付き添いながら、自ら起こした会社を切り盛りする。「孫たちには精いっぱい生きる姿を見せていきたい」

 震災発生時、竹内さんは夫利幸さん(66)とうどん屋を経営。店は新居を兼ねて建て替え工事中で、猛火は…

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文993文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  3. 日野自動車 運転手急病で緊急停止する観光バス発売へ
  4. 登山家 栗城さん死亡連絡で生中継中止 AbemaTV
  5. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]