メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

追悼の集い 「息子の姿、今もなお」 遺族代表に崔さん

追悼の集いの遺族代表に決まり、思いを語る崔敏夫さん=神戸市役所で2018年1月10日、米山淳撮影

 17日に神戸市が主催する阪神大震災23年の「追悼の集い」で、震災で次男を亡くした神戸市須磨区の崔(さい)敏夫さん(76)が遺族代表であいさつすることが決まり、10日、神戸市役所で記者会見した。東日本大震災以降、本格的に語り部活動を続ける崔さんは「震災が風化していることを感じる。息子の死を少しでも生かしてもらえれば」と語った。

 震災で神戸市須磨区の自宅兼靴工場が全壊。成人式で東京から帰省し、1階で寝ていた朝鮮大学校2年の次男…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 沢尻容疑者逮捕 大河ドラマ出演予定のNHK「対応検討中」

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 沢尻エリカ容疑者を送検 麻薬取締法違反容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです