ふるさと納税

変わる 返礼品競争→事業への寄付

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ふるさと納税の返礼品競争が過熱し総務省が2017年春、高額品の見直しなどを通知した影響で寄付額が減る自治体が出る中、寄付を特定の事業に充て地域活性化に生かす取り組みが広がっている。「ガバメントクラウドファンディング」(GCF)と呼ばれ、企業などがインターネットで事業資金を集める「クラウドファンディング」の行政版。専用サイトで寄付を募る事業が急増し17年に100件を超えた。【西嶋正法、高芝菜穂子】

 「どんな境遇の子どもたちも見捨てない!」。親の困窮や養育困難などにより支援が必要な子供たちの居場所づくりのため佐賀県で実施されている「さが・こども未来応援プロジェクト」事業。その18年度の資金集めにGCFが利用されており、寄付を呼びかけるサイトには目を引くキャッチコピーが掲げられている。

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1337文字)

あわせて読みたい

ニュース特集