メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

トランプ氏「南北対話を注視」 米朝対話に含み

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は10日にホワイトハウスで開いた閣議の冒頭、事前に行った韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との電話協議について報告した。9日の南北閣僚級会談について、トランプ氏は「初回協議」と表現し、「文氏は極めて良い結果だったと感じている」と説明。「我が国のみならず、世界にとって成功に終わればよい。今後数週間から数カ月のうちに何が起きるか注視する」とも述べ、南北対話の進展を見守る考えを示した。

 また、米ホワイトハウスの声明によると、トランプ氏は文氏との協議で「適切な時期と状況の下で」との留保…

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文1010文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです