メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関東・東北豪雨

阪神遺族と防災教育…息子亡くした教師

関東・東北豪雨で亡くなった長男悦史さんの遺影を手にする作新学院中等部教諭の佐藤裕子さん=栃木県日光市で2017年11月、栗田亨撮影

 14人が犠牲となった2015年9月の関東・東北豪雨で、長男悦史(よしふみ)さん(当時25歳)を亡くした作新学院中等部教諭、佐藤裕子さん(56)=栃木県日光市=が阪神大震災の被災地などに足を運び、防災教育を続けている。励ましてくれたのは、阪神の遺族を支援する俳優の堀内正美さん(67)や、東日本大震災の被災者だった。佐藤さんは「(息子の死を)『大変で悲しかった』で終わらせたくない。教師だからこそ発信するのが自分の使命だ」と話している。

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  2. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです