メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎グループホーム火災

元代表に禁錮2年を求刑

火災があったグループホーム「ベルハウス東山手」=長崎市で2013年2月9日、本社ヘリから山下恭二撮影

 2013年に長崎市東山手町の認知症高齢者グループホーム「ベルハウス東山手」で入所者5人が死亡した火災で、業務上過失致死傷罪に問われたグループホーム運営会社「アイ・エル・エス」(同市)の元代表、桝屋幸子被告(66)の論告求刑公判が11日、長崎地裁(小松本卓裁判長)であり、検察側は禁錮2年を求刑した。弁護側は、起訴内容を認めたうえで執行猶予付きの判決を求めて結審した。判決は2月1日に言い渡される。

 検察側は論告で「防火意識が不十分でスプリンクラーの設置義務を怠った責任は重く、5人の命が失われたと…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文510文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川貴教 登美丘高校「HOT LIMIT」動画に喜びも「もっと早かったら…」とボヤキ
  2. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  5. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです