メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和牛

Kobe‐Beef 外国人人気で競り値1.7倍

取材で訪れ、神戸牛の鉄板焼きを味わう米国人記者ら=神戸市中央区で2017年12月、久野洋撮影

 ブランド和牛として知られる神戸牛(神戸ビーフ)の価格が急上昇している。神戸牛が大部分を占める但馬牛の競り値は5年で1.7倍に。高級牛肉を好む訪日客の増加に加え、輸出も大きく伸びているためだ。世界的な知名度の上昇が「Kobe‐Beef」人気を支えている。【久野洋】

 昨年12月、神戸・三宮のステーキ店「ステーキみその神戸本店」では、目の前の鉄板で料理人が焼く霜降り肉を外国人客がスマートフォンで撮影していた。店の客の半数以上は外国人。日本人が国産牛の5000円以下のランチコースを注文する中、最高級の神戸牛のコース(1万9440円)を楽しむのは、ほぼ外国人だ。旅行ウェブサイトの取材で訪れた米国人女性記者も「米国でも神戸牛は人気。この味わい深さを伝えたい」と太鼓判を押す。

 欧米で一定の知名度があった神戸牛だが、政府による牛肉の輸出促進政策でさらに人気が高まった。東日本大…

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文909文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 世界の雑記帳 工場から液状チョコあふれ道路に、ドイツ西部で消防隊が緊急出動
  3. 服のにおい女性に嗅がせた51歳男逮捕
  4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  5. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです