メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

落語

手話で笑い40年 桂福団治さん、プロ弟子も誕生

手話落語を演じる桂福団治さん=東京都日野市で2017年11月、山田夢留撮影

 耳の不自由な人にも落語を楽しんでもらおうと、落語家の桂福団治さん(77)が手話落語を始めてから、40年を迎える。手話落語家を育てるうち、念願だったプロとして活動する弟子も誕生。弟子と全国のショッピングモールで公演を重ねている。この40年で、聴覚障害者と健常者の間にある「壁」が少しずつ取り除かれているように感じるという福団治さん。「壁がもっとなくなるよう、活動を続けたい」と気持ちを新たにしている。【山田夢留】

 手話落語のきっかけは、声帯ポリープの手術で入院中にラジカセを聴いていて急に音が聞こえなくなり、不安を感じた経験から。ラジカセの故障のためだったが、その時に「聞こえない」とはどういうことかと考えた。聴覚障害に関心を持ち、手話を学ぶようになった。その後、落語会に来てくれた聴覚障害者の客を笑わせたいと、1978年の春ごろ、手話落語を始めた。

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1176文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. インドネシア・スラウェシ島の地震、死者34人に 600人以上負傷

  4. 陸自3佐を女児へのわいせつ容疑で逮捕 警視庁

  5. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです