愛知・弥富

金魚初市 「せんまる、せんか」威勢よく

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
カンコと呼ばれる木舟に入れられ競りを待つ色鮮やかな金魚=愛知県弥富市の東海観賞魚卸売市場で2018年1月10日、兵藤公治撮影
カンコと呼ばれる木舟に入れられ競りを待つ色鮮やかな金魚=愛知県弥富市の東海観賞魚卸売市場で2018年1月10日、兵藤公治撮影

東海観賞魚卸売市場 最高値は和金1匹で1万3000円

 日本有数の金魚の産地として知られる愛知県弥富市の東海観賞魚卸売市場で10日、金魚の初市が開かれ、地元のほか関東、関西地方などから約40人の卸売業者が参加した。最高値は和金1匹で1万3000円だった。

 色鮮やかなランチュウや東錦など約25種類が品種…

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文304文字)

あわせて読みたい

ニュース特集