メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

晴れ着トラブル

社名は「晴レの日」なのに無言電話困った

「はれのひ」と読み方同じ 「迷惑、風評被害食い止め必死」

 神社仏閣での和装挙式の専門会社「晴レの日」(東京都港区)は10日、問題となっている「はれのひ」と社名が似ていることから、成人の日(8日)以降に約300件の問い合わせやいたずら電話があり、対応に追われていると発表した。

 「晴レの日」は全国7店舗で結婚式用の振り袖などの衣装をレンタルしており、「はれのひ」と勘違いした客から「予約した結婚式はどうなるのか」といった電話が約100件、無言電話なども約200件あったという。同社は8日にツイッターで「『はれのひ』とは無関係」とツイートしたところ、リツイートが2300件を超えた。応援する内容も多数あったという。

 同社の広報担当者は「社名の読み方が同じなのでとても迷惑している。風評被害を食い止めようと必死」と話した。【島田信幸】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
  3. 祇園祭 後祭の宵山始まる 24日の花傘巡行は猛暑で中止
  4. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  5. 西日本豪雨 真備の死者9割が自宅で 高齢で2階上がれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]