メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京

オオタカ死骸から鳥インフル陽性反応

 環境省は10日、東京都大田区の公園で5日に見つかったオオタカの死骸から、鳥インフルエンザの遺伝子検査で陽性反応が出たと明らかにした。農業・食品産業技術総合研究機構の動物衛生研究部門(茨城県つくば市)で確定検査している。都内で疑い例が見つかったのは今シーズン初めて。

     環境省は10日、神奈川県を含む回収地点の10キロ圏内を監視重点区域に指定した。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 奈良・安堵 町議「股裂き刑したい」ヘイト投稿
    2. 厚労省 「ヒルドイド」美容目的の処方規制見送り
    3. 現場から・ひょうご 姫路城、夜の観光客 「開けても赤字」 閉店多く /兵庫
    4. 未承認サプリ宣伝 博多の販売会社役員を逮捕 千葉県警
    5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]