大学入試分析2018

「新テスト見据えた新しい変化も」 駿台教育研究所・石原賢一部長

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
受験の心構えを説く石原賢一部長=東京都内で2017年12月22日、浜名晋一撮影
受験の心構えを説く石原賢一部長=東京都内で2017年12月22日、浜名晋一撮影

 2018年度大学入試センター試験(1月13、14日)まで、あとわずか。受験生にとっては、これまでの努力の成果が問われる時期となった。18年度入試の特徴や、受験に際しての心構えなどについて、駿台教育研究所進学情報事業部の石原賢一部長に聞いた。【聞き手・浜名晋一】

高い理系のハードル

 --2018年度入試の動向はどうですか。

 17年度と同様で、変化は少なく、やはり文系の志望者数が多くて、理系が少ないという傾向が続いています。基本的に今のカリキュラムは理系に進むハードルが高いのです。理系の場合は、センター試験までに仕上げなければいけない分量が多いのです。だから敬遠しているのです。

この記事は有料記事です。

残り2572文字(全文2862文字)

あわせて読みたい

注目の特集