メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とちぎのお酒で乾杯!

虎屋本店 少量ずつ醸造 多彩な酒質、楽しんで

少量ずつの醸造で、様々な日本酒が楽しめる=宇都宮市本町の虎屋本店で2017年12月19日、古田信二撮影

 創業から200年を超える宇都宮の酒蔵、虎屋本店。社名の由来を松井保夫社長に聞いたところ「分からないんですよ。創業以来、この名前です」という答えが返ってきた。代表銘柄の日本酒「菊」の由来も「特にありませんよ」ということだったが、栃木県工業振興課の資料によれば、銘柄の由来は「菊の花びらを浮かべて、邪気を払い長寿を願う『菊酒』にちなんで名づけられたと言われている」とある。松井社長も「菊の花を酒に浮かべるのはよく聞く話で、他県の酒蔵でも菊の名前がついたお酒がたくさんありますよね」と話し…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文606文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 多言語 母国語を大切に 日本の絵本から翻訳、ネット公開
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです