メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外愛媛文書 首相が否定「指摘の日会ったことない」
とちぎのお酒で乾杯!

虎屋本店 少量ずつ醸造 多彩な酒質、楽しんで

少量ずつの醸造で、様々な日本酒が楽しめる=宇都宮市本町の虎屋本店で2017年12月19日、古田信二撮影

 創業から200年を超える宇都宮の酒蔵、虎屋本店。社名の由来を松井保夫社長に聞いたところ「分からないんですよ。創業以来、この名前です」という答えが返ってきた。代表銘柄の日本酒「菊」の由来も「特にありませんよ」ということだったが、栃木県工業振興課の資料によれば、銘柄の由来は「菊の花びらを浮かべて、邪気を払い長寿を願う『菊酒』にちなんで名づけられたと言われている」とある。松井社長も「菊の花を酒に浮かべるのはよく聞く話で、他県の酒蔵でも菊の名前がついたお酒がたくさんありますよね」と話し…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文606文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 大阪重機事故 てんかんで事故歴 勤務先管理者の立件検討
  3. 皇室 両陛下の肖像画が完成 即位後は初、等身大
  4. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 市確認、本人は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]