メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

はじめてのおもてなし 重なる日独の危機

 難民を積極的に受け入れているドイツ。その裕福な家庭に引き取られた一人の難民を鏡にして、先進国の価値観や家族関係のねじれを映し出すコメディー映画である。

 ミュンヘンの邸宅で暮らすハートマン家。夫のリヒャルト(ハイナー・ラウターバッハ)は大病院の医長を務め、妻のアンゲリカ(センタ・バーガー)は教師を定年退職。やり手弁護士の長男フィリップ(フロリアン・ダーヴィト・フィッツ)は妻と離婚し、シングルファーザー。娘のゾフィ(パリーナ・ロジンスキ)は31歳で大学に通う。

 「月9」ドラマのような家族設定だが、生きる目標を失ったアンゲリカが、ドイツ語教師の職を求めて難民セ…

この記事は有料記事です。

残り1077文字(全文1358文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳会談中止 トランプ氏から金正恩氏への書簡全文
  2. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  3. アメフット 日大と勘違い 日体大が非難や中傷浴び困惑
  4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  5. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]