メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

はじめてのおもてなし 重なる日独の危機

 難民を積極的に受け入れているドイツ。その裕福な家庭に引き取られた一人の難民を鏡にして、先進国の価値観や家族関係のねじれを映し出すコメディー映画である。

 ミュンヘンの邸宅で暮らすハートマン家。夫のリヒャルト(ハイナー・ラウターバッハ)は大病院の医長を務め、妻のアンゲリカ(センタ・バーガー)は教師を定年退職。やり手弁護士の長男フィリップ(フロリアン・ダーヴィト・フィッツ)は妻と離婚し、シングルファーザー。娘のゾフィ(パリーナ・ロジンスキ)は31歳で大学に通う。

 「月9」ドラマのような家族設定だが、生きる目標を失ったアンゲリカが、ドイツ語教師の職を求めて難民セ…

この記事は有料記事です。

残り1077文字(全文1358文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. 大塚家具 8割引きセールも…経営再建が難航、窮地に 
  3. 有害物混入ワイン ネットで落札 30年以上前に製造
  4. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  5. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです