メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

はじめてのおもてなし 重なる日独の危機

 難民を積極的に受け入れているドイツ。その裕福な家庭に引き取られた一人の難民を鏡にして、先進国の価値観や家族関係のねじれを映し出すコメディー映画である。

 ミュンヘンの邸宅で暮らすハートマン家。夫のリヒャルト(ハイナー・ラウターバッハ)は大病院の医長を務め、妻のアンゲリカ(センタ・バーガー)は教師を定年退職。やり手弁護士の長男フィリップ(フロリアン・ダーヴィト・フィッツ)は妻と離婚し、シングルファーザー。娘のゾフィ(パリーナ・ロジンスキ)は31歳で大学に通う。

 「月9」ドラマのような家族設定だが、生きる目標を失ったアンゲリカが、ドイツ語教師の職を求めて難民セ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  2. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  3. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  4. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです