鉄道トラブル

大雪で430人列車閉じ込め 15時間立ち往生 新潟のJR

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
積雪で立ち往生したJR信越線の車両から降りて線路を歩く乗客ら=新潟県三条市で2018年1月12日午前8時10分、西本勝撮影
積雪で立ち往生したJR信越線の車両から降りて線路を歩く乗客ら=新潟県三条市で2018年1月12日午前8時10分、西本勝撮影

 11日午後6時55分ごろ、新潟県三条市のJR信越線東光寺-帯織駅間の踏切で、新潟発長岡行き普通電車(4両編成)が線路上に積もった新雪に阻まれ、動けなくなった。車内には満員状態の約430人が乗っており、立っている客も多数いた。乗客らは席を譲り合うなどして一夜を明かした一方、JR東日本は夜を徹して除雪を行い、約15時間半後の12日午前10時26分に電車を動かし、立ち往生を解消した。

 JR東によると、乗客のうち40代男性が脱水症状を訴え、救急車で同県長岡市内の病院に搬送されるなど計5人が救急搬送された。また、三条市消防本部によると、10代と20代の2人が「具合が悪い」と訴え、迎えに来た家族に保護された。

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文948文字)

あわせて読みたい

注目の特集