メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いばらき魅力見つけ隊

つくばわんわんランド 犬と触れ合い癒やされた /茨城

小型犬との触れ合いを楽しむ記者<下>来園者を癒やす可愛い犬たち=つくば市沼田のつくばわんわんランドで

 「そんなに仕事をしたのか」と上司からつっこみを受けそうだが、年末年始の疲れをリセットしようと、癒やしを動物に求めた。「今年はやはり戌(いぬ)」だろうと、筑波山のふもとにある犬のテーマパーク「つくばわんわんランド」(つくば市沼田)を訪れた。

 同園は1996年4月、市内の企業がオープン。犬の形をした高さ11メートルの木造展望台「モックン」が目印だ。79種約470匹の犬が飼育されており、ペットの犬を連れての入園も可能だ。年間約12万人が来園しており、最近は欧州や東南アジアを中心に外国人観光客も多いという。

 支配人の酒井真希人(まきと)さん(43)が園内を案内してくれた。入園ゲートをくぐる前から元気な鳴き…

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1058文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. ORICON NEWS 電気グルーヴ、新マネジメント会社設立 FCでビデオメッセージ公開

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです