沖田総司

ゆかりの刀 江戸時代の「清光」「安定」展示 地元の「景国」も 来月、足利学校 /栃木

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 足利市昌平町の史跡足利学校で2月、江戸時代の刀工、加州清光(かしゅうきよみつ)と大和(やまとの)守安定(かみやすさだ)、源景国(みなもとのかげくに)の手になる刀が特別展示されることになった。清光と安定は、新撰組の沖田総司のお気に入りの刀工といわれ、刀剣ブームに火を付けたオンラインゲーム「刀剣乱舞」にも登場しており、刀剣女子たちの注目を集めそうだ。

 刀はいずれも個人蔵で、一般公開は初めて。足利市で昨年開催された「山姥(やまんば)切(ぎり)国広」(国重要文化財、個人蔵)など堀川国広作の刀剣の特別展の反響を知った所有者たちが、同学校への貸与、公開を快諾したという。

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文645文字)

あわせて読みたい

注目の特集