全固体電池

試作品開発 長岡技科大准教授ら成功 EV性能向上切り札 /新潟

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 電気自動車(EV)など次世代エコカーの性能向上の切り札とされる新型電池「全固体電池」の試作品開発に、長岡技術科学大の本間剛准教授(物質材料工学)と日本電気硝子(大津市)が成功した。実用化できれば、より多くの電気をためられてEVなどの航続距離を飛躍的に伸ばせる。更に今回の試作品は現在主流のリチウムイオン電池などと違い、希少金属(レアメタル)のリチウムを使っておらず、低コストで安定的な供給が可能だという。【金沢衛】

 本間准教授が同大で記者会見し発表した。

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文681文字)

あわせて読みたい

ニュース特集