メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

脳活性化させる紙

長岡技科大教授ら開発、製品化へ 青くてざらざら…集中力1.5倍 /新潟

開発した紙を持つ中川教授(右)=長岡技術科学大で

 書いていると集中力が高まる紙を、大手製紙グループ「王子ホールディングス」と、長岡技術科学大の中川匡弘教授が開発した。

 中川教授は人の感性を数値化する研究の専門家で、同社から紙が脳に与える刺激を探る依頼を受けて、さまざまな紙の使用感を解析。延べ75人の被験者に計算力・記憶力・論理力を問う問題を解かせ…

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文340文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  5. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]