メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

脳活性化させる紙

長岡技科大教授ら開発、製品化へ 青くてざらざら…集中力1.5倍 /新潟

開発した紙を持つ中川教授(右)=長岡技術科学大で

 書いていると集中力が高まる紙を、大手製紙グループ「王子ホールディングス」と、長岡技術科学大の中川匡弘教授が開発した。

 中川教授は人の感性を数値化する研究の専門家で、同社から紙が脳に与える刺激を探る依頼を受けて、さまざまな紙の使用感を解析。延べ75人の被験者に計算力・記憶力・論理力を問う問題を解かせ…

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文340文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  3. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  4. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  5. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]