松浦武四郎

生誕200年、さっぽろ雪まつりに雪像 松阪の団体 /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
松浦武四郎の雪像のデザインを示す前川代表=松阪市殿町で
松浦武四郎の雪像のデザインを示す前川代表=松阪市殿町で

 北海道の名付け親として知られる松阪市出身の探検家、松浦武四郎(1818~88年)の雪像が、2月5日から札幌市で開催される「さっぽろ雪まつり」に登場する。松阪市の地域活性化団体「光れ街道夢おこしの会」(前川幸敏代表、30人)が、武四郎の生誕200年と、1869年の北海道命名から150年目を記念して企画した。

 雪像は松浦武四郎記念館に残る肖像写真などを基にデザイン画を作製した。胸像で、台座を含めた高さは4メートル、幅3メートル、奥行き2・5メートルとなる予定だ。設置費用は会員から募った資金で賄う。

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文402文字)

あわせて読みたい

注目の特集