メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陰温泉紀行

/8 玉造 長楽園 藩主愛した「神の湯」 人々魅了、日本一の混浴露天風呂 /鳥取

長楽園の混浴庭園露天風呂「竜宮の湯」=松江市玉湯町玉造で、根岸愛実撮影

 約1万坪の日本庭園と「日本一大きい混浴露天風呂」が魅力の温泉旅館「長楽園」は、玉造温泉(松江市)の歴史とともに歩んできた。玉造温泉は出雲国風土記でも紹介され、古くから「神の湯」として知られていた。江戸時代には松江藩主の静養の地となっており、藩には温泉を管理する「湯之助」という役職があったという。その湯之助の流れをくむのが今年で創業150周年を迎える長楽園など玉造温泉の3旅館だ。

 「これを目当てに来るお客さんが多いですね。混浴という珍しさもあるかも知れません」

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  2. トランプ氏相撲観戦 升席観戦で厳戒態勢
  3. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  4. 北海道・佐呂間で39.5度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上
  5. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです