メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陰温泉紀行

/8 玉造 長楽園 藩主愛した「神の湯」 人々魅了、日本一の混浴露天風呂 /鳥取

長楽園の混浴庭園露天風呂「竜宮の湯」=松江市玉湯町玉造で、根岸愛実撮影

 約1万坪の日本庭園と「日本一大きい混浴露天風呂」が魅力の温泉旅館「長楽園」は、玉造温泉(松江市)の歴史とともに歩んできた。玉造温泉は出雲国風土記でも紹介され、古くから「神の湯」として知られていた。江戸時代には松江藩主の静養の地となっており、藩には温泉を管理する「湯之助」という役職があったという。その湯之助の流れをくむのが今年で創業150周年を迎える長楽園など玉造温泉の3旅館だ。

 「これを目当てに来るお客さんが多いですね。混浴という珍しさもあるかも知れません」

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文961文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 「4日間風呂に入っていない」 浄水場水没・損壊、断水続く 栃木

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです