メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

砂の美術館

来館者数、最低に 常設展示、災害での観光客減が影響 /鳥取

第10期展示「砂で世界旅行・アメリカ編」=鳥取市福部町湯山の砂の美術館で、園部仁史撮影

 鳥取市は、砂の美術館(同市福部町湯山)の第10期展示「砂で世界旅行・アメリカ編」(昨年4月15日~今年1月3日)の入館者が、40万5328人(昨期44万8138人)だったと発表した。経済波及効果は93億8000万円(同108億9000万円)で、いずれも2012年に常設展示となって以降、最低となった。

 市鳥取砂丘・ジオパーク推進課によると、16年に県中部を襲った地震や昨年1、2月の大雪などで、鳥取砂…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文445文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  3. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  4. 福岡4人水死 「離岸流」原因か
  5. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです