メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

砂の美術館

来館者数、最低に 常設展示、災害での観光客減が影響 /鳥取

第10期展示「砂で世界旅行・アメリカ編」=鳥取市福部町湯山の砂の美術館で、園部仁史撮影

 鳥取市は、砂の美術館(同市福部町湯山)の第10期展示「砂で世界旅行・アメリカ編」(昨年4月15日~今年1月3日)の入館者が、40万5328人(昨期44万8138人)だったと発表した。経済波及効果は93億8000万円(同108億9000万円)で、いずれも2012年に常設展示となって以降、最低となった。

 市鳥取砂丘・ジオパーク推進課によると、16年に県中部を襲った地震や昨年1、2月の大雪などで、鳥取砂…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文445文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  2. 競馬 日本ダービー、5番人気・ワグネリアンが優勝
  3. 京都 白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入
  4. 自民・加藤氏 出産呼び掛け発言「全国から賛同あった」
  5. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]