メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

砂の美術館

来館者数、最低に 常設展示、災害での観光客減が影響 /鳥取

第10期展示「砂で世界旅行・アメリカ編」=鳥取市福部町湯山の砂の美術館で、園部仁史撮影

 鳥取市は、砂の美術館(同市福部町湯山)の第10期展示「砂で世界旅行・アメリカ編」(昨年4月15日~今年1月3日)の入館者が、40万5328人(昨期44万8138人)だったと発表した。経済波及効果は93億8000万円(同108億9000万円)で、いずれも2012年に常設展示となって以降、最低となった。

 市鳥取砂丘・ジオパーク推進課によると、16年に県中部を襲った地震や昨年1、2月の大雪などで、鳥取砂…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  2. 阪神大震災24年 石積みの「生」オブジェ灯る 宝塚市の武庫川中州で
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  5. わいせつ 元消防士に有罪 京都地裁 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです