メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

平和賞授賞式 広島、長崎から20人が見学 「一番若い被爆者」訴え続けたい 胎内被爆者・好井さん語る /香川

ノーベル平和賞授賞式を見学した好井敏彦さん=香川県坂出市で、岩崎邦宏撮影

PVの一体感に高揚 被爆ピアノも音色響かす

 ノルウェー・オスロで昨年12月にあった国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)へのノーベル平和賞授賞式を、ジャズピアニストで胎内被爆者の好井敏彦さん(71)=坂出市=が現地で見学した。カナダ在住の被爆者、サーロー節子さんの演説を聞いた好井さんは帰国後、「一番若い被爆者として、核廃絶の思いを訴えていく責任が強くなった」と決意を語った。【岩崎邦宏】

 好井さんは、広島にいた妊娠4カ月の母親の胎内で被爆した。広島大を卒業後、東京でジャズピアニストとし…

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1010文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 行政ファイル 福山で15人食中毒 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです