メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワンストップ支援センター

性被害者、1カ所で連携ケア 県が設立へ 医療・福祉・司法の措置を集中、心理的負担軽減に /愛媛

2回目のワンストップ支援センター設置検討会=愛媛県庁で、木島諒子撮影

 県は、性暴力の被害者が医療、福祉、司法など必要な措置を1カ所で受けられる「ワンストップ支援センター」を、来年度をめどに設立する準備を進めている。運営は「えひめ女性財団」に委託され、今月から相談員の養成講座も始まる。相談窓口が一元化されることで、「たらい回し」を防ぐことができると期待されている。【木島諒子】

 内閣府の調査(2014年)によると、性暴力の被害者のうち、誰にも相談できなかった人は67・5%を占…

この記事は有料記事です。

残り1064文字(全文1268文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  3. 日大ラグビー部、無期限活動停止 部員が大麻所持容疑で逮捕

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです