メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルエンザ

流行 福岡市、警報レベルに /福岡

 インフルエンザが福岡市内で大流行している。乳幼児や高齢者が感染すると重症化するケースもあり、市は予防や感染拡大防止のため、こまめな手洗いやうがい、マスクの着用を呼びかけている。

 市によると、51カ所の定点医療機関から昨年12月25~31日の1週間に報告された患者は平均35・29人で、国立感染症研究…

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文308文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです