メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄・尖閣諸島

接続水域に中国艦 日中改善に冷や水 戸惑う政府

 中国海軍艦艇による沖縄県・尖閣諸島の接続水域進入は、改善の兆しを見せている日中関係に冷や水を浴びせる形となり、日本政府関係者も戸惑いを隠さない。

 菅義偉官房長官は11日の記者会見で「中国が日中関係改善の流れを阻害することがないよう強く求めていきたい」と苦言を呈した。一方で、政府が実現を目指す首脳の相互訪問や日中韓3カ国首脳会議への影響については「考えていない」と述べるにとどめた。

 政府高官は「(艦艇が進入したのは)接続水域だ。領海ではない。しっかり分けないといけない」と強調した…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文504文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、2失点で4勝目
  2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  3. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  4. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及
  5. 日野自動車 運転手急病で緊急停止する観光バス発売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]