メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上イージス

日本に初公開 米軍「全力で導入支援」 周辺影響、評価課題か

米ハワイ州カウアイ島にあるイージス・アショアの試験施設。建物右上部の壁にレーダーの平板アンテナが取り付けられ、上部に管制や通信用のアンテナがある=2018年1月10日午前8時28分、秋山信一撮影

 緑豊かな常夏の島に、無機質なクリーム色の壁で覆われた高さ約20メートルの建屋がそびえていた。上部の壁面には八角形の平板アンテナが取り付けられ、レーダーが四方を警戒する。政府が昨年12月に米国からの導入を決めた陸上配備型迎撃システム「イージス・アショア」。米ハワイ州カウアイ島にある米軍の試験施設が10日(日本時間11日)、小野寺五典防衛相の視察に合わせて、日本メディアに初めて公開された。【カウアイ島で秋山信一】

 カウアイ島最大の町リフェから車で約50分。林や畑に囲まれた東岸沿いの一帯に世界最大のミサイル実験施…

この記事は有料記事です。

残り997文字(全文1254文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです