メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメント

タクシー女子、走る!/4 車内で「おもてなし」

研修中の空き時間を使い、本社の壁に絵を描いた。殺風景だった社内が明るくなったと先輩たちにも好評だった=東京都墨田区で

 <document>

 車内のラジオの音量はお客さんの好みに合わせる。ただし、「回送」のときはドライバーの自由だ。互助交通(東京都墨田区)の「モモちゃん」こと、宇都宮桃子さん(24)は左手でギュッと音量調節のつまみを右にひねって、好きな番組を聴く。

 研修中に地理を覚えようと、1人で走っていた時のこと。ラジオをつけると、一つ年上の歌舞伎俳優、尾上右近さんのインタビューが流れていた。どんな役者を志すのかとの質問に、右近さんが「やりたいことがたくさんあって決められない」と答えると、モモちゃんから「あー」と声が出た。少し前の自分と重なったのだ。

 モモちゃんは武蔵野美術大(東京都小平市)でコンテンポラリーアート(現代美術)を学んだ。大学で身につけた技能を生かせる仕事に就けないか。4年になった2015年春、漠然とした夢を描くようになった。けれど、会社で働くイメージがつかめず、卒業制作に没頭。就職活動は後回しだった。周りも同じだったから、「置いてけぼりになる感じはなかったです」と言う。就職戦線は好景気で「売り手市場」になっていたのに、モモちゃ…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文1068文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2カプセルを発見 JAXA、豪の砂漠で 地球帰還

  2. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  3. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

  4. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  5. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです