メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
世界@日本

民間療法、所変われば 台湾/インド/ペルー、ボリビア/米国/日本/ドイツ

「刀療マッサージ」を受ける記者。出刃包丁が頭に軽く振り下ろされるが、意外と気持ちがいい=台北市で、毎日新聞助手・鄭仲嵐撮影

 寒さが厳しくなり、体調を崩しがちな季節。世界には民間療法を頼りに調子を整える人も多い。歴史と伝統に基づき、人々の信頼を集める民間療法は、それぞれのお国柄を表している。

頭に響く包丁のリズム 刀療マッサージ@台湾

 肩こりに悩まされていたところ、知人から「包丁で体をたたくマッサージがよく効く」と聞いた。半信半疑で台北市にある「刀療(とうりょう)マッサージ」の専門店を訪ねた。

 出迎えてくれたのは11年の経験があるという蕭〓芳(しょうまいほう)さん。蕭さんによると、中国の春秋…

この記事は有料記事です。

残り3511文字(全文3747文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです