メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シャープ

8Kアピール 米家電見本市、3年ぶり参加

ボディーペインティングの様子を8K対応ディスプレーで映すシャープのデモンストレーション=米ラスベガスで2018年1月9日、釣田祐喜撮影

 【ラスベガス釣田祐喜】シャープが米西部ラスベガスで開催中の家電見本市「CES」に3年ぶりに参加し、4Kの4倍の解像度のある8K関連商品をアピールしている。8K対応テレビを販売しているのは現在のところシャープのみ。韓国勢の追い上げが予想される中、市場をリードしたい考えだ。

 経営不振に陥ったシャープが再成長の柱に掲げるのが、得意とする液晶技術を使った8Kだ。昨年10月に中国、12月には日本で8K対応テレビの販売を始めた。米国事業は2015年に…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文555文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです