メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

大谷直人さん=第19代最高裁長官に就任した

 「司法への国民の信頼を強固にするという最終目標に向かい、司法機能の充実に力を尽くしたい」。誠実に言葉を重ねる姿は、組織内で「プリンス」とも称される。

 実務では主に刑事裁判を担当してきた。東京都文京区で主婦が2歳の女児を絞殺した事件(1999年)など著名案件にも関わったが、「当事者にとって深刻な対立を含む」と個別事案の思い出は語らない。

 司法制度改革が動き出した2002年以降、最高裁で刑事局長や人事局長など司法行政の中枢を担ってきた。その仕事ぶりに触れてきた周囲は「胸に熱いものを秘める」と評する。

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  5. 現場を見ても想像できない廃炉終了 福島第1原発はいったいどうなっているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです