メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乳がん

手術、選択ガイド 患者の納得度向上へ 聖路加大

 早期の乳がん治療の選択肢に関する長所と短所などを分かりやすく示し、患者の意思決定を支援するガイドブック(意思決定ガイド)を聖路加国際大(東京都中央区)のグループが開発した。使用した方が手術後の納得度が高いとの結果も出ており、グループは「患者中心の医療を進めるために活用してほしい」と話す。

 作成したのは、同大大学院生だった大坂和可子さん(現東京慈恵会医大講師)ら。1年間で新たに乳がんと診断される患者約7万人(2015年)のうち約9割は比較的早期で、「乳房温存手術+放射線治療」「乳房切除術」「乳房切除術+乳房再建術」--の三つの治療選択肢がある。

 生存率は変わらないが、一長一短がある。大坂さんらは、患者支援活動や乳がん体験者からの聞き取りで、悩…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文710文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  2. 夏の高校野球 金足農、八回逆転弾 吉田14K、横浜破る
  3. 富田林署逃走 捜査かく乱か ひったくり携帯投棄の疑い
  4. クレヨンしんちゃん 声優交代が“炎上”しなかった理由
  5. 富田林署逃走 容疑者の動画を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです