メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今年こそ

/3 ぽっちゃりの今を楽しんで ファッションモデル・Naoさん(31)

「太っているという一番の悩みを手放したら、人生がうまく回るようになった」と話すNaoさん=和田大典撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 --ぽっちゃり女子向けのおしゃれ雑誌でモデルとして活躍する前、10年近く摂食障害に苦しんだそうですね。食事をとらなくなる拒食症と、大量に食べてしまう過食症があり、日本に2万人以上の患者がいるとされます。きっかけは何だったのですか?

 ◆一番古い記憶は保育園で男の子に「デブー、デブー」って言われたこと。太っているのはよくないと刷り込まれていきました。高校時代、好きな人に告白したら、「やせたら付き合ってあげる」。これが摂食障害の直接のきっかけです。とにかくカロリーを減らそうと、食事は豆腐、野菜ジュース、林檎1個。ウオーキングやジョギングをしても、食べていないのでふらついたり、生理が止まったり。47キロまでやせたのに、彼は厳しい人で、毎日、食事と体重を報告しないといけなかったんです。やがて反動で過食になりました。

 --高校卒業後はフリーターをしながら過食の生活が続いたとか。どんな食べ方をしていたんですか?

この記事は有料記事です。

残り1714文字(全文2135文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 埼玉県も休業要請へ 慎重姿勢転換 大野知事「首都圏一体で対応」

  4. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  5. 緊急事態 警察「宣言出ていますよ」呼びかけ止まり 外出だけで職質はできず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです