メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌冬季五輪

スキー代表 高梨、伊藤 金狙う 小林兄弟が初五輪

平昌五輪の代表に選ばれ笑顔でインタビューを受ける高梨沙羅(左)と伊藤有希=札幌市中央区で2018年1月11日、山崎一輝撮影

 全日本スキー連盟(SAJ)は11日、平昌冬季五輪の代表内定選手11人を新たに発表した。

 ノルディックスキー・ジャンプ男子は8大会連続の葛西紀明(土屋ホーム)ら5人。今季ワールドカップ(W杯)個人総合で日本勢最上位の5位の小林潤志郎(雪印メグミルク)と弟の陵侑(土屋ホーム)が初代表の座をつかんだ。ジャンプで兄弟が同時に選ばれるのは初めて。伊東大貴(雪印メグミルク)は4大会連続、竹内択(北野建設)は3大会連続。

 ジャンプ女子代表の4選手は11日、札幌市内で記者会見し、前回ソチ五輪4位の高梨沙羅(クラレ)は「この4年間、悔しい思いをバネに練習に励んできた。目標は平昌五輪で金メダルを取ること」と語った。同7位の伊藤有希(土屋ホーム)は「世界一になりたくて競技を続けてきた。チャンスをものにできるよう準備をしたい」と述べた。勢藤優花(北海道ハイテクAC)と岩渕香里(北野建設)は初めて選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1152文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  2. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  3. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

  4. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  5. 「限界。今こそ経済より感染対策を」 崩壊寸前の医療現場 影響は一般患者にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです