メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球規則改定

投げずに敬遠、プロは今季にも 合同規則委、ルール採用決定

 野球のプロとアマチュアの合同規則委員会が11日開かれ、2018年の公認野球規則を改定し、守備側の監督が敬遠する意思を球審に伝えれば投球せずに四球になる「申告敬遠」のルールの採用を決めた。20年東京五輪での野球競技復活などに向け、国際基準との統一性を図ることが狙い。米大リーグでは昨季から導入されている。

 従来通り、投球した上での敬遠も可能で、守備側の監督には戦術上の選択肢が広がる。規則の実施は運営団体に委ねられており、プロ野球では今季からの導入に向けて、今月下旬の実行委員会などで話し合う。アマチュア球界でも各団体内で導入時期などを検討する。

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文482文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 練習に遅刻…阪神・藤浪が2軍に降格 矢野監督「残念で信頼失う」

  2. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  3. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  4. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  5. 枝野氏が政権構想案 再分配機能強化訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです