メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

刊行

31字に少女漫画の「切なさ」 歌人・高田さん「ライナスの毛布」

 少女漫画の世界をたった31文字の短歌で表現する--。そんな試みを形にした大阪府大東市の歌人、高田ほのかさん(36)の初の歌集「ライナスの毛布」(書肆侃侃房(しょしかんかんぼう))が刊行された。「短歌に縁が無かった人たちにも関心を持ってもらうきっかけになれば」と高田さんは期待する。

 高田さんは小学生の頃に少女漫画誌に夢中になった。「漫画を読んで感じる喜怒哀楽の感情の中で『切なさ』に特にひかれた」。短歌とは大学生で出会い、短い言葉の中に少女漫画と同じような「切なさ」が込められていることに感動した。歌人の道を歩むことになったが、8年ほど前から大好きな漫画の一番心…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文706文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  2. 救命 4階から中2飛び降り、対応の女性教諭に当たりけが
  3. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  4. ORICON NEWS 田代まさし、約10年ぶりトーク番組出演 全盛期の年収&現在の月収を告白
  5. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです