メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北水研

発信器でトド追跡 歯舞、色丹島に回遊

 北海道・根室海峡北部の羅臼沖で発信器を装着されたトドが、北方領土の歯舞群島から色丹島まで広域に回遊していることが水産研究・教育機構北海道区水産研究所(札幌市豊平区、北水研)の衛星通信による追跡調査で確認された。トドは環境省のレッドリストで準絶滅危惧種に指定されているが、網にかかった魚を食い荒らしたり、漁網を破ったりするため、近年、漁業被害が深刻化しており、さらに活動実態の調査を進める。

 発信器は昨年1月に若い雌2頭に装着。1頭は根室海峡と歯舞群島・多楽島周辺を数日おきに往復。根室海峡に流氷が流入すると、国後島南部と多楽島や色丹島周辺を数日おきに行ったり来たりした。5月上旬に回遊の範囲は標津沿岸から択捉島南端まで広がり、7月以降は国後北部から択捉南部の海域にいた。もう1頭は放獣後に根室海峡には戻らず、国後島南部、志発島、多楽島周辺にとどまり、それぞれ異なる動きを見せたという。

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 佐世保に仮面ライダー現る 1号と2号? 果たしてその正体は…

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

  5. ホンダ大勝、2回戦へ 3年連続日本一を狙った大阪ガスは初戦敗退 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです