メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新選組

沖田総司ゆかりの刀、特別展示 初の一般公開

初公開される3振りの刀。左から清光、景国、安定=足利学校事務所提供

 栃木県足利市の史跡足利学校で2月、江戸時代の刀工、加州清光(かしゅうきよみつ)と大和守安定(やまとのかみやすさだ)、源景国(みなもとのかげくに)の手になる刀が特別展示されることになった。清光と安定は、新選組の沖田総司のお気に入りの刀工といわれ、刀剣ブームに火を付けたオンラインゲーム「刀剣乱舞」にも登場しており、刀剣女子たちの注目を集めそうだ。

 刀はいずれも個人蔵で、一般公開は初めて。足利市で昨年開催された「山姥切(やまんばぎり)国広」(国重要文化財、個人蔵)など堀川国広作の刀剣の特別展の反響を知った所有者たちが、同学校への貸与、公開を快諾したという。

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道・鈴木知事の感染防止対策に評価 「道民の命を守る英断」

  2. 「ずっと失業者かも…」 新型コロナで求人減少と面接会中止 離職者に逆風

  3. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです