メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ただにしき

幻の紅茶で特産品 不二聖心女子学院が協力

不二聖心女子学院中学・高校の敷地内に広がる「ただにしき」の茶畑=静岡県裾野市で2017年12月20日、垂水友里香撮影

 静岡県裾野市の不二聖心女子学院中学・高校内の茶畑「不二農園」で紅茶用の茶木「ただにしき」が栽培されてきた。県農林技術研究所などによると、ただにしきは1965年ごろまで全国各地で栽培されていたが、安価で香り高い輸入紅茶に押され、現在はほとんど栽培されていない“幻の紅茶”。この茶葉を生かし地域特産品をつくる裾野市や地元商店などの取り組みが広がりをみせている。【垂水友里香】

 同研究所などによると、ただにしきは明治初期、政府の役人だった多田元吉が茶の栽培技術向上のための視察…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文781文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  2. 闘鶏 捨てないで 傷つき 縛られ 畑に放置 /沖縄
  3. 夏の高校野球 日大三7年ぶりベスト4 下関国際を逆転
  4. 新潟女性遺体 不明の知人男性か 遺体を発見
  5. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです