メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ただにしき

幻の紅茶で特産品 不二聖心女子学院が協力

不二聖心女子学院中学・高校の敷地内に広がる「ただにしき」の茶畑=静岡県裾野市で2017年12月20日、垂水友里香撮影

 静岡県裾野市の不二聖心女子学院中学・高校内の茶畑「不二農園」で紅茶用の茶木「ただにしき」が栽培されてきた。県農林技術研究所などによると、ただにしきは1965年ごろまで全国各地で栽培されていたが、安価で香り高い輸入紅茶に押され、現在はほとんど栽培されていない“幻の紅茶”。この茶葉を生かし地域特産品をつくる裾野市や地元商店などの取り組みが広がりをみせている。【垂水友里香】

 同研究所などによると、ただにしきは明治初期、政府の役人だった多田元吉が茶の栽培技術向上のための視察…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文781文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、2失点で4勝目
  2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  3. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  4. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及
  5. 日野自動車 運転手急病で緊急停止する観光バス発売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]