メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伝統工芸品

再生「有馬人形筆」 仲間の励まし背に 神戸

有馬人形筆=木田智佳子撮影

温泉街火災から14カ月

 神戸市北区の有馬温泉街で2016年に起きた火災で、延焼の被害を受けた兵庫県指定伝統的工芸品「有馬人形筆」の唯一の工房兼店舗「灰吹屋(はいふきや)西田筆店」が12日、跡地での再建を果たした。7代目の西田健一郎さん(71)は「先祖が守り継いできた人形筆をよみがえらせ、皆さんの温かい思いに応えたい」と話している。

 人形筆は、筆先を下に向けると、筆尻から人形が飛び出す仕掛けで、室町時代が起源とされる。筆の軸には色…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文674文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 近畿、北陸、四国、九州で梅雨明け
  3. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです