メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん光免疫療法

将来、がんの8~9割の治療が可能に/確実に効果が期待できる仕組み――開発・治験の2氏に聞く

がん光免疫療法を開発した小林久隆・米国立衛生研究所(NIH)主任研究員(左)=米メリーランド州のNIHで2017年8月、永山悦子撮影

 近赤外光と新たに開発した薬剤を使ってがんを治療する「がん光免疫療法」の治験が、日本で3月に始まることになった。米国で先行して2015年に治験が始まったこの治療法は、がん細胞をピンポイントで攻撃でき、副作用が少ないうえ、対象となるがんも幅広くなる可能性があるため、国内の患者の期待は高い。この治療法を開発した米国立衛生研究所(NIH)の小林久隆主任研究員、国内初の治験を実施する国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)の土井俊彦副院長に、それぞれ治験や治療法への期待を聞いた。【永山悦子】

この記事は有料記事です。

残り5026文字(全文5271文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川・茅ケ崎 90歳運転、6人はねる 女性1人死亡
  2. SNS 性的画像「恋人なら共有」20代1割 注意喚起
  3. 参院予算委 首相、昭恵氏の影響否定 集中審議
  4. 参院予算委 首相、ヤジに気色ばむ 「関与なし」繰り返す
  5. リベンジポルノ 防止法2年 後絶たぬ 支援団体「拡散前相談を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]