ジャンプ

葛西、平昌五輪代表に…8大会連続8度目

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
葛西紀明=山崎一輝撮影
葛西紀明=山崎一輝撮影

 全日本スキー連盟は11日、平昌冬季五輪(2月9日開幕)代表選手を発表し、ノルディックスキー・ジャンプ男子で45歳の葛西紀明(土屋ホーム)が8大会連続8度目の代表に選ばれた。五輪本番で競技に出場すれば、冬季五輪出場が史上最多の8大会になる。夏冬通算でも、スピードスケートで4度、夏季の自転車で3度の計7度出場した橋本聖子・日本スケート連盟会長を上回り、日本選手として単独最多となる。

 葛西は1992年アルベールビル五輪に19歳で初出場。41歳で臨んだ前回ソチ五輪は個人ラージヒルの銀、団体ラージヒルの銅と二つのメダルを獲得した。

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文642文字)

あわせて読みたい

ニュース特集