尖閣

菅長官「緊張高め、深刻に懸念」 中国艦など進入に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
中国フリゲート艦と潜水艦の動き
中国フリゲート艦と潜水艦の動き

日本政府、中国の駐日大使に抗議

 防衛省は11日、中国海軍のフリゲート艦1隻と潜航する潜水艦1隻が沖縄県・尖閣諸島の接続水域に入ったと発表した。潜水艦は、前日には宮古島(沖縄県宮古島市)の接続水域への進入も確認された。同省は潜水艦の国籍を明らかにしていないが、中国海軍のものとみられる。外務省の杉山晋輔事務次官は中国の程永華駐日大使を同省に呼び、国籍が特定できた中国海軍艦艇の接続水域進入について抗議した。

 中国軍艦が尖閣諸島の接続水域に入ったのは2016年6月以来2度目で、潜水艦は初。防衛省が進入の意図などを分析している。

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文901文字)

あわせて読みたい

ニュース特集