メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビール

個性的味で商機 4月定義変更、各社需要増を期待

アサヒビールが4月17日に発売する「グランマイルド」(左)=同社提供=と、ヤッホーブルーイングが4月に発売する「ソーリー ウマミ IPA」=同社提供

 酒税法の改正で、今年4月にビールの定義が変更されることをにらみ、ビール各社がハーブやかつお節など、従来は認められなかった原料を使った新たなビールを相次いで発売する。嗜好(しこう)の多様化や人口減少で国内のビール市場は13年連続で縮小傾向が続いており、各社は新たなビールで需要掘り起こしを狙っている。【今村茜】

 酒税法は国内で販売するビールについて「麦芽比率67%以上」と定義。原料も麦芽、ホップ、水以外の副原…

この記事は有料記事です。

残り1127文字(全文1332文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 児童買春容疑 元中学講師を逮捕 愛知県警
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]