メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビール

個性的味で商機 4月定義変更、各社需要増を期待

アサヒビールが4月17日に発売する「グランマイルド」(左)=同社提供=と、ヤッホーブルーイングが4月に発売する「ソーリー ウマミ IPA」=同社提供

 酒税法の改正で、今年4月にビールの定義が変更されることをにらみ、ビール各社がハーブやかつお節など、従来は認められなかった原料を使った新たなビールを相次いで発売する。嗜好(しこう)の多様化や人口減少で国内のビール市場は13年連続で縮小傾向が続いており、各社は新たなビールで需要掘り起こしを狙っている。【今村茜】

 酒税法は国内で販売するビールについて「麦芽比率67%以上」と定義。原料も麦芽、ホップ、水以外の副原料を、麦や米などと定めてきた。しかし、同法改正で、4月からはビールの定義が「麦芽比率50%以上」に見直され、副原料として果実や香辛料などの使用が可能となる。

この記事は有料記事です。

残り1049文字(全文1332文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 智弁和歌山アベック優勝 女子は初の栄冠 高校駅伝予選

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです