メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビール

個性的味で商機 4月定義変更、各社需要増を期待

アサヒビールが4月17日に発売する「グランマイルド」(左)=同社提供=と、ヤッホーブルーイングが4月に発売する「ソーリー ウマミ IPA」=同社提供

 酒税法の改正で、今年4月にビールの定義が変更されることをにらみ、ビール各社がハーブやかつお節など、従来は認められなかった原料を使った新たなビールを相次いで発売する。嗜好(しこう)の多様化や人口減少で国内のビール市場は13年連続で縮小傾向が続いており、各社は新たなビールで需要掘り起こしを狙っている。【今村茜】

 酒税法は国内で販売するビールについて「麦芽比率67%以上」と定義。原料も麦芽、ホップ、水以外の副原…

この記事は有料記事です。

残り1127文字(全文1332文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「まさか」科学的に意外だったリュウグウの姿

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです